So-net無料ブログ作成

東京国立博物館での「文化財よ、永遠に」を観たよ [アート]

六本木にある泉屋博古館分館をはじめ、全国4カ所で開催している展覧会「文化財よ、永遠に」。10月1日からは東京国立博物館で開催が始まったので、初日に行ってきました。常設展の料金で観ることが出来ます。

IMG_4433.jpg

住友財団の修復助成30年記念の展覧会で、財団の助成で修復された仏像・絵画・文書・歴史資料などを展示してます。トーハクでは東日本大震災や能登半島地震で被災した仏像の修復された姿を観てきました。

IMG_4436.jpg

滋賀県の湖東三山のひとつ、金剛輪寺に伝えられている、鎌倉時代に作られた十二神将立像の6体も展示されていたんだけど、ダイナミックな動きに惚れ惚れ。鎌倉時代の仏像は動きがあって好きです^^
画像が気になる人は → ココ ← をクリックしてね。

仏像の修復、どれも3〜4年かけての修復作業。すごいよなーって思います。
ぜひとも次の世代に伝えていってほしいわ。

*****
展覧会を観たあとは東洋館へ。

0001.jpg

10月14日まで、愛をテーマにした展示品が観られるのよ。
たとえばこの共命鳥(ぐみょうちょう)像も。頭が二つで体が一つ。

IMG_4832.jpg

インドの細密画は、もっとディープな男女の世界が繰り広げられていましたよ^^
ヒンドゥー教の神々も、交わりの姿がけっこう多いもんね。

個人的に観たかったのがコチラ。
インドネシアの影絵人形ワヤン・クリです。

IMG_4844.jpg

10世紀頃、古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』がインドネシアに伝えられて、民衆の間に広まったんだそうな。影絵人形で演じられるようになったのが、ワヤン・クリです。
人形は水牛の革から切り出されて、操作のための棒も水牛の角で作られたものが多いんだとか。

このワヤン・クリの上映が9月にあったようなんだけど、申込み損ねちゃいました。
次回チャンスがあったら観たい!

それ以外の展示で気に入ったモノはコチラ。
ラーメンの丼にしたい^^

IMG_4833.jpg

イランで出土した鉢です。

IMG_4834.jpg

それから、ササン朝ペルシアで作られたカットガラス。正倉院の白瑠璃椀と似た品も展示されてましたよ。5世紀〜7世紀。すでにこのあたりの品が日本に運ばれていたんだよねえ。

IMG_4837.jpg

東洋館のテラスで一休み。良い天気です。

IMG_4839.jpg

一時間ほど楽しんで帰りました。
展覧会後のランチは黒ごま担担麺〜。

IMG_4829.jpg

*****
翌日10月2日は、六本木。昨日の記事にチラっと書いたとおり、泉屋博古館分館で「文化財よ、永遠に」の後期展示を観てきましたよ。後期の目玉作品、「水月観音像」をじっくりじっくり堪能してまいりました♪

IMG_4435.jpg

おだやかな表情に和みましたわ。

*****
いつもコメントありがとうございます^^
昨日の記事へのコメントにお返事が出来ていないので、今日の記事のコメント欄は閉じますネ。

今日は出掛けてしまうので、後日お返事させてください (^ω^

nice!(59) 
共通テーマ:アート

SOB展と、チェコ・デザイン100年の旅 [アート]

世田谷美術館の区民ギャラリーで10月6日まで開催している「やっぱり描くのが好き!SOB展」に行ってきました。

11.jpg

SOB は、資生堂OB の略。資生堂宣伝部OB4人展なんだそうです。
資生堂というと小さい頃のわたしにとっては、とてもオシャレで大人の雰囲気がある CM をしていたというイメージがあります。そんな当時、活躍されていた方々なんだろうなーと思います。

今回この展覧会を知ったのは、友人がインスタで宣伝をしていたからでした。
前はソネブロをしていたのですが、今は違うところで活躍されている人なのです。会場に居たのでご挨拶。そのあと、作品を描いた OB の方を紹介していただきました。

美術館内にあるカフェでビールを1本だけもらってお喋り。

IMG_4866.jpg

そのあと友人は会場に戻り、わたしはせっかくなので世田谷美術館で開催中の「チェコ・デザイン 100年の旅」を観てきました。

IMG_4881.jpg

この展覧会は、アールヌーボーの旗手アルフォンス・ミュシャから現代まで、約100年にわたるチェコのデザインを紹介するものでした。確かにチェコと言えばミュシャだよね〜なんて思って観ていくと、時代を追うごとに、シンプルな中に洗練されたデザインのモノが登場してきて面白かったです。

IMG_4882.jpg

チェコ国立プラハ工芸美術館所蔵の作品が中心だったようです。
個人的にはチェコアニメのコーナーが楽しかったわ。

世田谷美術館は交通の便がイマイチの場所にあるので、滅多に来ません。前回訪れたのは2014年です。
バスで用賀駅に戻ってきたのは13時頃。お腹空いたな・・・
駅前にお店があると思ったんだけど、あまりなくて、ふらふら歩いていると中華そばの店を発見。

IMG_4871.jpg

んー、ここにしちゃおう!
濃厚煮干し中華そばを食べました。煮干しの香りたっぷりで確かに濃厚。
美味しかったけど、ちょっと喉が渇くね。

IMG_4869.jpg

店を出て、駅で麦茶を買って電車に乗り込みます。
そしてこのあと、六本木の泉屋博古館分館で「文化財よ、永遠に」の後期展示を観てから帰宅したのでした。さすがに家に着いたら疲れて寝ちゃいました^^;
この日も暑かったんだもん。

******
チェコ・デザイン100年の旅
世田谷美術館
2019年9月14日〜11月10日
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

nice!(71)  コメント(28) 
共通テーマ:アート

「三日月宗近&岡田切吉房」と視野検査 [アート]

水曜日。本当はちょっとお出掛けしたい公園がありました。
朝起きて出掛ける準備をして、乗り換え案内をチェックすると、人身事故の影響で利用する路線は運転見合わせになっていました^^;

あららら・・・朝早くに行って午前中に帰ってきたかったのになあ。
お昼過ぎには宅配生協が来るので、それまでに帰ってきたかったのでした。でも運転見合わせなら仕方ない。生協が来たあともう一度乗り換え案内を確認したけど、やっぱり運休&遅延です。こりゃ諦めだ。でも出掛ける支度をしちゃったからね・・・どっかには行こう。

こういうとき助かるのは年間パスポートを持っている東京国立博物館^^
前の週にVR刀剣 三日月宗近 岡田切吉房を観て、刀剣の写真も撮ってきたのになぜかスマホに保存されていなかったから、もう一度チャレンジ!

IMG_4694.jpg

今度はちゃんと撮影されたことを確認。国宝の三日月宗近です。
そしてこちら ↓ は、同じく国宝の岡田切吉房。

IMG_4696.jpg

刃文が面白いんだよね。

IMG_4697.jpg

アイヌ文化のコーナーにも立ち寄ってきました。
こちらは樺太アイヌの巫者(ふしゃ)用の帯です。小刀も付いているよ。

IMG_4701.jpg

最近は縄文人&アイヌ人関連の本を読んでます。読みたかった本は図書館にはなくて、ネットで調べてみると希少本扱い。ちょっと悩んだけど買ってしまいました。これがなまら分厚くてねぇ(笑)
540ページ超えですよ、奥さん!
もちろんハードカバーなので持ち歩いて読むのはムリ。家で読んでるのですが、これまたなかなか進まない。でも面白いw

縄文絡みで土偶もパチリしてきたよ。わたしの「縄文にハマる人々」モードは続いているのですww

IMG_4702.jpg

常設展が楽しめるトーハクは楽しい^^

※ 分厚い本と一緒に買った読みやすい本 ※

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 (集英社新書)

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 (集英社新書)

  • 作者: 中川 裕
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/03/15
  • メディア: 新書



******
人間ドックで右目に「緑内障の疑いあり」という結果が出たので、眼科に行ってきました。
まあ、産まれたときのハプニング(?)で、もともと網膜が薄いわたし。緑内障になりやすいことは分かっていたので、20代後半から継続して視野検査は受けております。
眼底検査では限りなく緑内障とは診断されているけど、視野検査では問題がないので、ずっと様子見なのです。でも今回初めて人間ドックでも指摘されたからね^^;

視野検査って疲れるから大嫌いだけど、我慢。
今回も視野に問題はありませんでした。人間ドックでの結果を言うと、眼底の写真を見た先生は、「これだと疑いありと言われても仕方ないのよねぇ。でも大丈夫ですよ」と言ってくれました。もちろん半年に1度の検査はこれからも継続です。

IMG_4717.jpg

検査後のゴハンはうどん。
ほんとは担担麺が食べたかったんだけど、眼底検査をしてるから瞳孔が開いていて光が眩しい状態。担担麺屋さんは店内が明るいのでムリでした(笑)

ここのうどん屋さんは店内が暗めの照明だったのでww
ぺろりと平らげ、帽子を深々とかぶり、サングラスをして、太陽の光が燦々とふりそそぐなか帰宅しました。眩しいってば^^;

nice!(72)  コメント(40) 
共通テーマ:アート

直島のベネッセアート [アート]

香川県の直島に出張に行った相方くん。今日はそのときに撮ってきてくれた写真をUPしちゃいます。岡山県の宇野港フェリー乗り場周辺には、いろいろなオブジェがあったみたいです。

IMG_6749.jpg

これは「舟底の記憶」という作品らしい。

IMG_6751.jpg

乗り込むフェリーは大きくて、車もそのまま乗っちゃうらしい。
正面に見える島が直島かな。

IMG_6747.jpg

さあ、出発。

IMG_6746.jpg

船内はこんな感じ。かなり広いんだね。

IMG_6759.jpg


続きを読む(今日も写真がてんこもり!)


nice!(75)  コメント(27) 
共通テーマ:アート

トーハクで上映中の「VR刀剣 三日月宗近 岡田切吉房」を観たよ [アート]

最近のうみちゃん。天袋に行く回数は減ってきました。
あがるのが面倒くさくなったのかな。でも狭いところは好きみたいで、最近のお気に入りは部屋の隅っこ。今はまだ暑い日もあるから、床でペタリ。そのうち籠で寝そうだけど^^

IMG_4518.jpg

さて。東京国立博物館のミュージアムシアターで10月6日まで上映している「VR刀剣 三日月宗近 岡田切吉房」を観てきました。
年間パスポートを買ったときに貰った無料チケットがあったのだ^^

IMG_4547.jpg

日本が誇る文化財になっている刀剣。トーハク所蔵の国宝「三日月宗近」「岡田切吉房」の二口を比較しながら鑑賞しましたよ。高精度のカメラで撮影した刀の刃文の違い、形の違い。刀に関しては知識ゼロなので勉強になりました。刀の鑑賞の仕方や名称なども説明してくれたけど、覚えきれなかった(笑)

三日月宗近は平安時代に作られた刀。そして岡田切吉は鎌倉時代。鎌倉時代に作られたものは、より実践的になっていて、持ち主にとって使い勝手が良いようにメンテナンスされているんだねえ。

IMG_4534.jpg

現在、実物ももちろん博物館の本館13室に展示されてます。9月29日までの展示。
写真撮影OKだったので撮ってきたのに・・・家に帰ってきたら、何故か写真がスマホにない。なんで写っていないんだ・・・また撮りに行かなくちゃだわww

でもね、刀剣フロアは兎に角外国人に人気なので、人だかりが出来てます。
写真を撮るのも一苦労ですよ^^;

本館を出て敷地内の法隆寺宝物館へ。ここのレストランで腹ごしらえです。

IMG_4536.jpg

ビーフストロガノフを食べました。お腹は膨れたけど、値段も高い(笑)

IMG_4537.jpg

そのあとまた本館に戻って、仏像などを楽しんで帰ってきました。

******
「VR刀剣 三日月宗近 岡田切吉房」
東京国立博物館 東洋館地下1F
2019年7月3日〜10月6日
※ 実物は本館13室にて9月29日まで展示
http://www.toppan-vr.jp/mt/showing/

******
「ボクも国宝級の美しさかにゃ?」by あお

IMG_4059.jpg

nice!(73)  コメント(22) 
共通テーマ:アート

泉屋博古館分館の「文化財よ、永遠に」 [アート]

「今日の記事は、昨日の続きだにゃ〜」

IMG_4063.jpg

サントリー美術館で展覧会を観たあと、GoogleMap を開きます。

IMG_4437.jpg

今居る「東京ミッドタウン」から「泉屋博古館分館」まで行きます。電車に乗る距離ではないけど、歩くとちょっとかかるかな。なにせ猛暑日のこの日・・・つらかったけど、六本木一丁目駅まで行ければ、そこからは屋根の付いたルートなのは知ってるので頑張るよ!

汗をかきながら歩いて、この先は登り坂か〜って思ったら、六本木一丁目駅に直結しているビルを発見したので、ビル内の地下に潜り込みました。エアコンも効いていて快適だ。
そして辿り着いたのが、泉屋博古館分館です。

IMG_4420.jpg

現在、4 会場で「文化財よ、永遠に」という展覧会が開催されているの。

IMG_4433.jpg

4 会場とは、以下の通り。
・京都 泉屋博古館
・九州 九州国立博物館
・東京 泉屋博古館 分館
・東京 東京国立博物館

IMG_4434.jpg

東京の国立博物館だけチョット遅くて 10 月 1 日からなんですよ。もちろん行く予定。他の会場は既に開催されています。

住友財団の修復助成30年記念の展覧会。財団の助成で修復された仏像・絵画・文書・歴史資料など各 30 件前後をそれぞれの会場で展示してますよ。
泉屋博古館分館では、関東周辺や東日本に所蔵される絵画・工芸品 43 件で構成し、前期&後期で展示替えがあるようです。増上寺所蔵の狩野一信「五百羅漢図」も展示されていました。修復されたものを増上寺で観たけど、住友財団の援助があったんだねえ。

目玉展示は「水月観音像」ですが、こちらは 10/1 からの後期展示です!
わたしは映像で修復過程を観たのですが、それを観たら後期展示にも来たくなりました(笑)
今回のチケットの半券を見せると半額になるから来ようかな。

IMG_4435.jpg

円山応挙の「淀川両岸図巻」も綺麗だったなあ〜。

2929.jpg

修復箇所や修復前の写真パネルもあって、実際に展示されている作品と比べられるのも良かったです。装潢師(そうこうし)さんの地道な作業で、劣化していく文化財が修復されて次の時代に受け継がれていくんだなーって実感しましたよ。

来月はトーハクの展示を観てきます。こちらの会場では仏像が展示されるみたいです。

IMG_4436.jpg

2つの展覧会をハシゴしてお腹もぺこぺこですよ。
ランチタイムは過ぎてしまっていたので、空いていたラーメン屋さんで海老ラーメンを食べて帰宅しました^^

IMG_4421.jpg

京都&九州でも開催してるので、お近くにお住まいで、興味がある人はぜひぜひどうぞ^^

******
文化財よ、永遠に
泉屋博古館分館
2019年9月10日〜10月27日
https://www.sen-oku.or.jp/

nice!(73)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

サントリー美術館の「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部」を観ました [アート]

「嬉しそうに出掛けていったにゃ」

IMG_4062.jpg

秋の展覧会シーズン到来です。
この日はサントリー美術館の「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」を観に行きました。

IMG_4428.jpg

焼き物はあまり詳しくないので、学芸員さんの解説も聞こうと思って、休館日におこなわれた「メンバーズ内覧会」に参加です。

IMG_4419.jpg

桃山時代、茶の湯のための新しい日本の焼き物が創造されました。美濃地方(岐阜県の可児市、多治見市、土岐市あたり)で花開いた焼き物がもてはやされたそうな。
そんな美濃焼も、江戸時代(17世紀)になると勢いを失って、桃山時代の美濃焼は産地すら分からなくなったそうだけど、近代になって再び人気が出たとのことです。
財をなした実業家が「近代好奇者(すきもの)」となり、コレクションしていったんだねえ。

この展覧会では、桃山時代の美濃焼の紹介と、その美濃焼の美意識を自らの表現へと昇華させた陶芸家・荒川豊蔵と加藤唐九郎の代表的な作品も展示されていました。(どちらも初めて聞いた名前ですw)

IMG_4429.jpg

桃山時代の黄瀬戸。これは中国からの輸入品(華南三彩鉢)に似たものなんだそうです。鬼板と呼ばれる鉄絵具を使って筆書きしたことで、多彩な表現が出来たそうな。
瀬戸黒は漆黒の釉。当時は斬新な茶碗だったと思われます。

IMG_4430.jpg

なんで「瀬戸」なのかというと、当時の使い手が美濃窯と瀬戸窯の区別が付かなくて、一括りに「瀬戸」と理解したためなんだとか。美濃窯・・・なんか可哀相(笑)

今回の展覧会で気に入ったのは「鼠志野(ねずみしの)」と呼ばれる焼き物です。

IMG_4432.jpg

焼き物の展覧会で、志野焼は何度も見ていたのですが、こういう鼠色の志野焼は見たことがなかったの。色合いがとても柔らかく、味わい深くて好みです。

4422.jpg

鉄泥を化粧掛けしたときに、掛け残しが出来る白い部分を、いろいろな自然に見立てて絵を描いたそうな。たとえば上の写真だと、木が生えている崖の部分が掛け残し。崖に見立てて、鉄泥が掛かった部分を削って木を描いたんだそうです。作り手のセンスがそれぞれ出ていて楽しかったですよ。

それから「土型」というものも展示されていました。
土で器の型を作ることによって、大量生産が実現されたうえに、円形や円筒形の器から解放されて、自由な造形の器が作られるようになったんだって。

IMG_4431.jpg

こんな複雑な器も作れるようになったのかな。
桃山時代の「土型」は、現在のところ、今回展示されていた 2 個しか発見されていないそうです。貴重なものを見ちゃったわ^^

いろいろ勉強になった展覧会&レクチャーで面白かったです。
このあとは同じく六本木にある美術館へのハシゴ。なので、ラーメンの写真は次回ネw

*********
「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」
サントリー美術館
2019年9月4日〜11月10日
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2019_4/

※ ちなみに、この展覧会が終わるとサントリー美術館は長い閉館期間に入ります。
改修工事がおこなわれるそうで、2020年5月中旬頃 OPEN の予定だそうですよー

nice!(84)  コメント(35) 
共通テーマ:アート

後期展示が始まった「円山応挙から近代京都画壇へ」を楽しむ [アート]

9月3日、この日から東京藝術大学大学美術館で開催している「円山応挙から近代京都画壇へ」の後期展示に入ったので出掛けます。
ところが支度をしていると、「どこにいくつもり?ヤダヤダ、出掛けちゃダメ!かまってよー!ボクのこと見てよー」とグズるあおくん。

IMG_4073.jpg

なでなでして、追いかけっこをしていたら開館時間の10時になってしまったよ。
この日は19時から飲み会。それじゃ美術館も閉館時間に合わせて行くことにするか・・・

IMG_3541.jpg

昼間はあおとベタベタして過ごし、美術館に到着したのが16時前。閉館は17時です。
前期も来ているので作品数もだいたい把握できてるから、このくらいの時間があれば OK かなって思って。展覧会の構成は変わってませんが、前期と後期で作品をかなり入れ替えてます。

18世紀の京都。写生画で一世を風靡した円山応挙。後期の写生図巻は甲巻になっていて、可愛い兎ちゃんが描かれていました。

うさぎ.jpg
   しろうさぎ.jpg

前期で岸竹堂の「猛虎図」が展示されていたところには、鹿の図が。秋を思わせる景色の中に居る鹿。このうみちゃんの表情を思わせる作品は木島桜谷(このしま おうこく)っぽい!って思ったら、やっぱりそうでした。「しぐれ」という作品でしたよ。

おうこく.jpg

円山応挙、最晩年の作品「保津川図」(重要文化財) も後期から展示されています。
応挙は1795年に63歳で没したんだけど、その1795年の作品です。

     右.jpg
左.jpg

大胆な構図で力強さを感じます。まさに集大成っていう感じすらするよ。
滝から流れ落ちていく水の描き方に躍動感があって魅せられます。絶筆の作品とは思えなかったわ。流れゆく川は人生の象徴のような気がするので、なんか感慨深い。

閉館時間がくるまで、この作品と、山元春挙の「瀑布図」を見て過ごしました。
瀑布図も「どどー」って音とともに、勢いよく流れ落ちる滝の水しぶきすら感じる作品で好みでした。

東京での展覧会が終わったあとは京都に巡回するので、関西地方の方もぜひぜひ観に行って下さいな^^

*******
円山応挙から近代京都画壇へ
東京藝術大学大学美術館
前期:2019年8月3日〜9月1日
後期:2019年9月3日〜9月29日
※ 前期後期で大展示替え

巡回:京都国立近代美術館
2019年11月2日〜12月15日
https://okyokindai2019.exhibit.jp/
*******

今日は胃のバリウム検査・・・イヤだなあ^^;
受付が9時からだそうで。お水も7時以降はとらないでくださいって。これけっこうつらいよね(笑)

nice!(71)  コメント(29) 
共通テーマ:アート

徳川美術館で合戦図を観ました [アート]

相方くんの実家に帰省していたとき、徳川美術館に出掛けました。
いつもは名古屋を基点に滋賀県や岐阜県まで出掛けるのですが、今回は台風10号の心配があったので遠出はせず、名古屋市内のお出掛けにしたの。雨になったらイヤだなーと思っていたら、晴れ女パワー発揮で、この日はすごく晴れて、日本で一番暑かったのが愛知県だったとか??(笑)

IMG_3611.jpg

汗をだらだらかきながら到着した徳川美術館。
じつは来るのは今回が初めてです。相方くんはこの近くの高校に通っていたらしいのですが、彼も徳川美術館に来たのは初めてなんだとか(笑)
到着してまずは館内のカフェに入って涼みました。そうじゃないとバテすぎて作品を楽しめない!w

IMG_3614.jpg

尾張徳川家に伝えられた大名道具を収蔵する美術館。家康の遺品もいろいろ展示されていて、普通じゃ残らない松明までありました。家康が遺品として残すように指示していたみたい。すごい!(笑)
館内に入って、撮影OKの甲冑があったのでパチリ。これは徳川家康着用の「黒塗黒糸威具足」の複製なんだって。

IMG_3617.jpg

今回は夏期特別展として合戦図―もののふたちの勇姿を描く―という展覧会が開催されてました。

IMG_3615.jpg

後三年合戦絵巻や壇の浦合戦図屏風、長篠長久手合戦図屏風などなど、中世合戦絵巻&戦国合戦図が展示されていて、これだけまとめて合戦図を観ることはないので、なかなか貴重な展覧会でした。
東京国立博物館や、サントリー美術館所蔵の作品も出張してましたよー。

合戦図は単なる記録画ではなく、武家の教育としても利用されたんだね。
それから、大坂冬の陣図屏風のデジタル想定復元が期間限定で展示されていました。

IMG_3620.jpg

8月14日の NHK BS プレミアムでこの復元の屏風に関する番組があったようなのですが、見損ねた〜。だれか観た人居るかしら??
(8月21日に再放送があるみたいです。BSプレミアムでAM8時からです)

IMG_3621.jpg

徳川美術館、かなり広くて見応えのある美術館でした。建物を観るのも楽しかったわ。
お昼ご飯は、徳川園敷地内にある蘇山荘で食べました。昭和12年に開催された、名古屋汎太平洋平和博覧会の迎賓館を移築したんだそうな。

IMG_3639.jpg

すごい落ち着ける空間でしたよ。

IMG_3635.jpg

相方くんは天むすと飛騨牛おこわ。

IMG_3636.jpg

わたしは餅米アレルギーなので、おこわは食べられないからハヤシライス。濃厚で美味しかった^^

IMG_3633.jpg

ゴージャスな感じのレストランらしきものもあったよ。

IMG_3627.jpg

このあとは徳川園の園内を散策します。

IMG_3640.jpg

暑いなか、どこまで散策出来るか?(笑)
つづく。

*******
合戦図―もののふたちの勇姿を描く―
徳川美術館
2019年7月27日〜9月8日
https://www.tokugawa-art-museum.jp/

nice!(79)  コメント(36) 
共通テーマ:アート

「円山応挙から近代京都画壇へ」の前期展示に行ってきた [アート]

ハローワークのセミナーを2時間みっちり受けた日。
乗り換えの駅でラーメンを食べちゃいました(笑)

IMG_3538.jpg

ヘルシー食事ばっかりじゃ満たされない!ww
担担麺食べちゃったよぉ〜。えへへww

そして向かったのは、上野の東京藝術大学大学美術館です。
「円山応挙から近代京都画壇へ」という展覧会に来ました。

IMG_3541.jpg

前期と後期で作品をかなり入れ替えるらしく、前売りは 2 枚ゲットしております。
18世紀の京都。円山応挙が写生画で一世を風靡しました。それ以前の絵画というのは大和絵や中国画が主体で、現実とは違った世界だったんだけど、応挙は実際の場所を描く写生画で円山派を確立したのだ。

この展覧会では円山派、そして続く呉春が興した四条派を起点として近代へと連なる画家たちの系譜を見ていくものです。
長沢芦雪、岸駒、竹内栖鳳、上村松園などの作品も来てますよ。それから大乗寺の襖絵が約10年ぶりに東京で公開なのです^^

01.jpg

応挙の描いた「松に孔雀図襖」は重要文化財。凜とした孔雀が美しいのだ。
写生図巻も見応えがあります。

002.jpg

「牡丹孔雀図」もうっとりするくらい美しくて、緻密に描かれているのがよく分かるよ。
まじまじ観察しちゃった^^

004.jpg

岸竹堂の「猛虎図」
この人は留学先で実際に虎を見てきたようです。かなり臨場感がありました。

005.jpg

円山応挙の「江口君図」(左)と、上村松園の「楚蓮香之図」(右)

003.jpg

東京ではあまり見られない円山四条派の作品を楽しみます。
わたしの好きな木島桜谷(このしま おうこく)の作品「山水図」も展示されていました。

今回はハローワークセミナーのテキストや分厚い単行本を持ち歩いていて鞄が重たかったので、図録は買ってこなかったんだけど、後期展示のときには買うつもりです。
そしたら気に入った作品を紹介しますね!!^^

この展覧会、京都国立近代美術館にも巡回します〜。

*******
円山応挙から近代京都画壇へ
東京藝術大学大学美術館
前期:2019年8月3日〜9月1日
後期:2019年9月3日〜9月29日
※ 前期後期で大展示替え

巡回:京都国立近代美術館
2019年11月2日〜12月15日
https://okyokindai2019.exhibit.jp/

nice!(74)  コメント(21) 
共通テーマ:アート