SSブログ

丸ビルと新丸ビルの巨大壁画 [アート]

今日は昨日の記事(藤戸竹喜展)の番外編かな?

IMG_0551.JPG

10時開館の東京ステーションギャラリー。
20分前に東京駅に到着してしまったので、改札を出たところの天井をパチリ。

IMG_0549.JPG

久しぶりに東京駅の外観でも撮ろうと思い立ち、駅の外に出てみました。
そしたら何か数字が表示されたものがある。あれ? オリンピックのカウントダウン?
オリンピックは始まってるじゃん。

IMG_0553.JPG

そう思って近づいたら、パラリンピック開会式までのカウントダウンでした。

IMG_0552.JPG

これをパチリしていて、妙に後ろのビルが気になったのです。
あれは新丸ビルだよね?
窓にあんな模様あったっけ?

0555.jpg

暑いから近くまでは行かないよ(笑)
スマホでパチリしただけ。でも気になる。

IMG_0555.JPG

家に帰ってから調べてみたら、丸ビルと新丸ビルに50日間展示される「東京大壁画」なんだそうな。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/23/12.html

高さ150メートル、横幅25メートルを超える巨大壁画アートで、アーティストは、横尾忠則 & 横尾美美だって。わーお、全然知らなかったぞww
以下日程で巨大壁画が見られるそうですよ。

******
「 Tokyo Tokyo FESTIVAL 」
2021年7月17日~2021年9月5日
http://www.tokyodaihekiga.jp/


東京駅もパチリして、それから藤戸竹喜展を楽しんだのでした。

IMG_0554.JPG

展覧会後のランチは「T's たんたん」の金胡麻たんたん麺だよ。

IMG_0556.JPG


nice!(60)  コメント(32) 
共通テーマ:アート

「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜展」引き込まれました [アート]

東京駅丸の内北口直結、東京ステーションギャラリーで開催中の『木彫り熊の申し子 藤戸竹喜〜アイヌであればこそ』展を観てきました。

IMG_0547.JPG

10時からの回を予約。20分前に到着してしまったので、東京駅の写真などをパチリしたりポケ活して時間を潰したよ。そして開館と同時に入りました。ガラガラです^^

藤戸竹喜(たけき)は、アイヌ民族。
木彫り熊の職人だった父親のもとで12歳の頃から熊彫りを始めたのだ。デッサンなどは一切行わず、丸太に簡単な目印を入れるだけで、あとは一気に形を彫り出していく手法。展覧会の最後に、その映像が流れていたんだけど、凄すぎるよ!目を奪われました。

IMG_0557.JPG

展覧会のフロアには、大小さまざまな熊の木彫りが並びます。
どの熊も躍動感があって、表情がとても生き生きしているの。単眼鏡でドアップで見てみると、毛の流れも非常に繊細に彫られていて、なびいていそうな感じがする。

IMG_0562.JPG

きょうだいでじゃれあっている熊の肉球もリアルで
思わずニヤニヤ。

川に遡上してきた鮭を捕る熊たち。写真では小さいけど実物はわりと大きな作品。
鮭を食べている熊のリアルさと、木彫りなのに鮭の体が崩れて食われている様子がすごい!

IMG_0563.JPG

熊が鹿を襲ったり、狐や鷲が兎を捕ったり、そんな一瞬を見事に切り出して作品にしていて、いろんな角度から楽しみましたわ。

アイヌ民族、そして熊狩りの様子を彫ったものもありました。
アイヌにとって熊は特別な存在。現代社会の生活しか知らないわたしには、やっぱり見ていて苦しくなるところもあるけれど、乱獲とは違う。

甲殻類の木彫りもあったよ。
単眼鏡で見ると、めちゃめちゃリアルすぎて驚きです(笑)

IMG_0561.JPG

狼の木彫りもたくさん展示されていました。
少年時代、「狼を彫りたい」と父に言うと、「熊も一人前に彫れないのに何を言っているのか」と一喝されたそうな。いつか必ず狼を彫りたいと思い続けていたんだって。

フロアの後半に『狼と少年の物語』というお話しを木彫りで作ったものが展示されていました。川に流されてしまった人間の幼子が狼の夫婦に育てられる話。
人間の両親が幼子を探しに川を下り、滝に落ちていくシーンは、すごく迫力があって涙が出てきたよ。

IMG_0558.JPG

狼は駆逐され、やがて絶滅するんだけどね。

IMG_0559.JPG

生き物への愛も感じる作品もたくさんあって、心が温かくなりました。

IMG_0560.JPG

絶作となった「這い熊」です。

IMG_0564.JPG

後ろ足の爪や表面の毛などはまだ彫られていない状態の未完の作品。
入院する際にアトリエに残していったものなんだそうな。未完だからこそ、どんな工程で彫られていくのかが良く分かる作品でした。

2018年10月、その生涯を閉じたそうです。

初期から晩年に至る代表作80点ほどが来ていた展覧会。観に行って良かったなー。
これは写真では、その繊細さや迫力が伝わらないと思う。ぜひぜひ実際に見てほしいと思いますっ!!

今さ、渋谷の松濤美術館でもアイヌの展覧会が開かれているの。
家から遠いのでスルーした展覧会だったんだけど……そっちも観に行きたくなっちゃったよー(笑)
でもね、8月9日までだから厳しいな。


******
木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ
東京ステーションギャラリー
2021年7月17日〜9月26日
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202107_fujito.html


nice!(75)  コメント(33) 
共通テーマ:アート

『ざわつく日本美術』を観てきたよ [アート]

サントリー美術館の年間パスポートの更新を兼ねて、
現在開催している『ざわつく日本美術』展を観てきました。

IMG_0429.JPG

美術館開館60周年記念展。
今回は心がざわつくような展示方法や作品を紹介しておりますよー。
展示テーマは以下6章からなっております。

・うらうらする
・ちょきちょきする
・じろじろする
・ばらばらする
・はこはこする
・ざわざわする

「うらうらする」では、焼き物や屏風などの作品の裏側を見せてくれていました。裏側にもいろいろな願いが込められた文字や絵が描かれているんだなーと、まじまじと見ちゃったわ。

IMG_0381.JPG

『邸内遊楽図屛風』は、妓楼のなかに描かれた屏風の裏にも注目だったのです。

IMG_0383.JPG

能面の裏側。こんな感じになっているんだねえ。
写真では分からないけど、文字のようなものが書かれていました。

IMG_0430.JPG

「ちょきちょきする」では、絵巻や着物が切断されて掛け軸として別の作品になったものなどが展示されていましたよ。

IMG_0388.JPG

「じろじろする」では、めっちゃ細かい刺繍や消えかかっている蒔絵の図柄をガン見。
「ばらばらする」では、蓋付きの焼き物を蓋と器のそれぞれに分けて展示していました。蓋だけ見ても器として機能しそうだ、なんて思っちゃった。

IMG_0395.JPG

それから硯箱も、身と蓋を分けて展示。
文様や技法などをじっくり見て、どの蓋と身がセットなのか、クイズ形式に展示されていましたよ。こういうふうに展示されると、模様の特徴をじっくり見ちゃうね ^m^

IMG_0399.JPG

わたしが一番面白かったのは「はこはこする」フロアでした。
展示品は、当然のことながら展示されているとき以外は、箱などにしまわれているわけで。今回はその箱も展示していたの。

IMG_0403.JPG

おおおー!いかにもお宝が入ってます的な箱なんだね(笑)
何重にも箱があって……そしてその中に入っているものは、この色絵鶴香合(野々村仁清・作)だったりするのだ。

IMG_0406.JPG

これだけでも、ものすごい貴重なお宝!って感じがする箱。
これは、北条政子が愛玩した7つの手箱の一つが入れられた箱。

IMG_0412.JPG

「今日まで火災や虫害、欠損を免れたのは、政子の霊力のおかげだ」と書かれているようです。この箱は江戸時代(1819年)に新調されて、そのときに蓋に書かれたんだね。
そしてその『浮線綾螺鈿蒔絵手箱』がこちら。鎌倉時代の作品で、国宝指定されてます。

IMG_0414.JPG

「ざわざわする」フロアに展示されていたのは、道成寺縁起絵巻。
前期展示の今は、清姫が安珍の裏切りを知り、追いかけ、鬼(蛇)に変わっていくシーンが展示されていましたよ。

IMG_0417.JPG

放屁合戦絵巻や、好色な法師が女主人の屋敷に侵入した袋法師絵巻も展示されています。実際に会場で楽しんでね^^

展示数はあまりなかったけど、コンセプトが面白かったな。
展覧会後のお昼御飯は、茅乃舎で「海乃七草となめこ汁セット」をいただきました^^

IMG_0426.JPG

******
ざわつく日本美術
サントリー美術館
2021年7月14日〜8月29日
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2021_2/


nice!(79)  コメント(38) 

見応えありの「聖徳太子と法隆寺」展 [アート]

関東梅雨明けの16日は東京国立博物館で開催中の『聖徳太子と法隆寺』展に行ってきました。

IMG_0311.JPG

今年、令和3年(2021)は聖徳太子の1400年遠忌。
他の美術館でも聖徳太子の展覧会が予定されているけど、東京国立博物館でも開催なのだ^^

法隆寺で護り伝えられてきた寺宝を中心に、トーハク(法隆寺宝物館)所蔵のものや宮内庁や中宮寺のお宝も楽しめる展覧会です。

会場に入るとまずは法隆寺の如意輪観音菩薩半跏像がお出迎え。
ふくよかなお顔に涼しげな表情。美しいです。

IMG_0316.JPG

最近仏像の足の指を見る癖が付いてるので、ついついそこに注目(笑)
右足は親指が短いのに、左足は親指と人差し指以降がほぼ同じ長さ。むむ、これはおかしいぞww
でも美しいから良いか(笑)

IMG_0313.JPG

聖徳太子というとこの顔を浮かべるけど、今はこの肖像は聖徳太子じゃないってことになってるんだよね? でもやっぱり、この顔のお札を知っている時代の人間としては、これは聖徳太子だw
ちなみに、右に居るのが長男の山背大兄王なんだけど・・・その山背大兄王の像もあってね、コレ。

IMG_0315.JPG

ええええww
とてもユーモラスな表情は和むけど、ちょっとブサイクすぎませんか!(笑)
山背大兄王は首をくくって自害してるのよ。。。

法隆寺東院舎利殿に伝来する七種宝物もありました。そのなかに御足印というのがあって、聖徳太子の足跡を留めた壁代(カーテン状の用具)と伝えられた品が展示されていたよ。
左足は確認できたけど、右足はよく分からなかったです。

それから六目鏑箭(ろくめかぶらや)は、物部守屋を射た矢と言われてるみたい。
ううう、これで守屋は射貫かれたのか(T^T)

IMG_0314.JPG

法隆寺の観音菩薩たちもズラリと展示されてます。
足の指チェックをしたら、これらの像は人差し指が一番長かったw

IMG_0318.JPG

わたしは孔雀明王が好きなのですが、なんと!
法隆寺にも孔雀明王像があるのね!!知らなかったよーーー!

IMG_0317.JPG

鎌倉時代(13世紀)の絹本着色。斜めを向いている像は珍しいかも。
たいてい孔雀明王像は正面を向いているんだよね。顔つきがどことなくヒンドゥー教の美術品で見るものに似てるかなーなんて思いながら眺めてました。いや、もちろんこっちのほうが顔平ら族なんだけどねww

とても見応えのある展覧会。
会場を出て、1Fのロッカー前にあるビデオコーナーでは、百済観音と救世観音の8K映像が流れてました。百済観音の展覧会は『法隆寺金堂壁画と百済観音』として2020年に開催される予定だったんだけど、新型コロナウィルスの影響で中止になったんだよね。

その百済観音を8K映像で見せてくれていました。
それから救世観音。これは明治時代になるまでは絶対秘仏で布でぐるぐる巻きにされていた観音様。聖徳太子の姿を模したといわれていて、布をほどくと天変地異&タタリがあると云われていたのだ。

IMG_0312.JPG

今はこんなふうに8K映像で見られるなんて。
アップで見たのは初めてだけど、目は充血してるんだね。聖徳太子の一族はことごとく皆、自害に追いやられたり、殺されているからね。やっぱりこの表情を見ると、いろいろ妄想しちゃいます。
さすが布でぐるぐる巻きだっただけあって、顔にはしっかり金箔が残ってます。

ちなみに、7月20日(火)[BSプレミアム] 午前10:44~11:13 で、「秘仏 救世観音」をやるよ。わたしは録画予約済み。

8k.jpg

満足した展覧会。
お昼御飯は醤油ラーメン。でもしょっぱすぎたorz...

IMG_0309.JPG


*****
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」
2021年7月13日〜2021年9月5日
東京国立博物館 平成館
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/horyuji2021/


*****
本日と明日は、ポケGOの有料イベントをガッツリやるので、
ブログ巡回はお休みします。コメントのお返事も反応遅れます m(_ _)m


nice!(83)  コメント(33) 
共通テーマ:アート

『国宝 聖林寺十一面観音 三輪山信仰のみほとけ』展を観たよ [アート]

7月9日。久しぶりに東京国立博物館に行きました。
『国宝 聖林寺十一面観音 三輪山信仰のみほとけ』を観てきたよ。

kannon.jpg

三輪山をご神体とする大神神社。憧れの神社でいつかは参拝したいと思ってます。
でもね、まだ縁がなく訪れることが出来てません。この展覧会は、かつて大神神社の境内にあった大神寺のご本尊、十一面観音菩薩立像を拝める有り難い展覧会。

この国宝・十一面観音菩薩立像が奈良を出るのは今回が初めてなんだってー。
これを機会にご挨拶して縁を結ばなくちゃ!って思って行って参りました^^

明治時代以前は、神社の境内に神宮寺があって、神様も仏様も一緒の空間に居たの。でも明治の「神仏分離令」で、神社境内に仏像は置けなくなったのだ。そして廃仏毀釈運動にもなっていく悲しい流れなんだけど。

大神神社でも仏様は境内に置けなくなり、近隣のお寺に仏像を預けたのです。
この十一面観音菩薩立像は聖林寺に預けられ、そのまま聖林寺の所蔵になりました。わたしが好きなお寺、正暦寺にも月光菩薩立像・日光菩薩立像が移され、その2像も今回東京に来てました^^

展覧会では、大神神社のご神体である三輪山の禁足地から出土した杯なんかも展示されていて、ちょっと萌えるww

大神神社の主祭神は大物主大神でしょう。
そして大物主大神は酒造りと関係がある神様。なぜ大国主命と大物主大神が同一視されるのか、お酒がヒントになったりしないのかなあ〜と、ぼんやり考えながら出土品を観てました。いや、まだ全然考察できてないから、これはそのうち考えよう(笑)

この展覧会は、本館特別5室の1フロアだけなので、正直物足りないですw
本館&東洋館&法隆寺宝物館に、関連した作品が展示されているので、そっちも楽しんでね。以下の写真は常設展示室のものです。

こちらは平安時代の十一面観音菩薩立像。

IMG_0242.JPG

7世紀中国の十一面観音菩薩立像はこんな感じ。

IMG_0246.JPG

こちらは7世紀中国の十一面観音。

IMG_0249.JPG

IMG_0251.JPG

東京国立博物館の敷地内をぐるぐる歩いて十一面観音を見比べてきました。
(足が疲れた)

鎌倉時代の八幡神坐像も展示されていたのでパチリ。
八幡さまも謎が多い神様だなあ。この像は八幡神が応神天皇と同一視されてるので貴族っぽいカッコをしてるよ。

IMG_0236.JPG

蝦夷コーナーでは、伊能忠敬が作った北海道西部の地図をパチリ。
単眼鏡で観ても、地名は細かくてよく読めなかった。かろうじて「ヲタル云々」ってのだけは見えた(笑)

IMG_0238.JPG

足も疲れたからそろそろ帰ろう。
出口に向かう途中、老猿が出迎えてくれました。今はキミが展示されているんだね^^

IMG_0240.JPG

9時半に博物館に入って、時間を見ると11時過ぎ。
お腹空いたな。。。でも前日も展覧会に行ってラーメン食べたから、今回もラーメンは食べ過ぎよね。大人しく家に帰ります。

まい泉のヒレかつサンドを買って帰りました。
久しぶりに食べたら美味しかった^^

IMG_0253.JPG

IMG_0254.JPG

*****
国宝 聖林寺十一面観音
    三輪山信仰のみほとけ
2021年6月22日〜2021年9月12日
東京国立博物館 本館 特別5室
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/shorinji2020/

【巡回】
奈良国立博物館 東新館
2022年2月5日〜3月27日
https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/202202_shorinji/



++++【おまけ】++++

IMG_0256.JPG

母にマスクを作ってもらおうと思って買ってきた鳥獣戯画の手ぬぐいww


nice!(87)  コメント(42) 
共通テーマ:アート

「三菱の至宝展」楽しかった! [アート]

8日は、三菱一号館美術館で開催中の『三菱の至宝展』に行ってきました。
事前予約制にも慣れると、館内は空いていて快適だから良いわ^^

IMG_0217.jpg

どんより天気だったけど、雨は降ってなかったので傘は持たずにやってきたよ(笑)
もし降っても東京駅から近いから大丈夫かなって思って^^
案の定、雨には降られなかったよんw

IMG_0213.JPG

三菱創業150周年記念の展覧会。
三菱一号館美術館、東洋文庫、三菱経済研究所、静嘉堂が協同で、三菱創業家が収集した作品をドーンと展示していましたよ。

岩崎家4代の肖像から始まる今回の展覧会。
いやぁ、さすがのコレクションです。歴史の重みをすごく感じる作品がずらりでした。

1030.jpg

藤原仲麻呂の乱で亡くなった人を弔うために、称徳天皇が納めたと言われる「百万塔および陀羅尼」を見ると、奈良時代にタイムスリップしたような気分になってしまったわ。この頃のまでコレクションしてるなんて凄すぎだ(笑)

松永久秀から織田信長へ献上された有名な茶入「唐物茄子茶入 付藻茄子」も来ておりました。慶派の「木造十二神将立像」もカッコいいし、俵屋宗達の「源氏物語関屋澪標図屛風」も見応えあり!

そして面白かったのが、海外で作られた「大地図帳」(ヨアン・ブラウ、ウィレム・ブラウ /1664 年/アムステルダム)です。
当時認識されていた世界地図なんだけど、日本の形が少しヘンだし、なんといっても北海道が描かれていない。他の地図でも北海道(蝦夷)はほんの少しだけ描かれてる程度。
やっぱりね……と思う反面、北海道人としては、こういう地図を見るたび複雑な気持ちになります(笑)

気になる人は以下サイトの「アジア」を見てね。展覧会で展示されていたのはコレです。
https://map-freak.com/atlas-maior/

さて。この展覧会のメインルームにやってまいりました!!
「曜変天目( 稲葉天目)」の登場!!

2020.jpg

12〜13世紀の南宋時代の作品。完形品で現存するのは世界に3つだけ。
全部日本にあって国宝。これは静嘉堂の所蔵品で、静嘉堂では自然光のなかで見ることが出来てました。今回は真っ黒な部屋で宇宙のように輝いておりましたよ。
久しぶりに見ることが出来て大満足。単眼鏡でドアップを楽しみました。

ちなみに信長が愛用していた曜変天目もあったのだ。でも本能寺の変で焼失したと云われてます。それが残っていたら日本には4つの曜変天目があったのにねw
MIHO MUSEUM にも曜変天目があるけど、これを曜変と云うかは議論されてるらしい。重要文化財です)

IMG_0210.JPG

ノンビリ楽しんだ展覧会。
美術館を出て東京駅に向かいます。KITTE の地下でラーメンを食べて帰ってきたよ〜。

IMG_0216.JPG


******
三菱の至宝展
2021年6月30日〜9月12日(後期展示は8月11日〜)
三菱一号館美術館
https://mimt.jp/kokuhou12/


nice!(78)  コメント(35) 
共通テーマ:アート

古代エジプト展に行ってきたよ [アート]

「ボク、ふみふみしたかったけど、おかーちゃんを送り出してあげたにゃ」

IMG_9388.JPG

3日は渋谷の Bunkamura ザ・ミュージアムで開催している『古代エジプト展』に行ってきました。日時指定の予約制になったので、電車が空き始めそうな時間帯を選んで 10 時半入場。

IMG_9542.JPG

入場もとてもスムーズ。混雑してなくて、展示室もばっちりソーシャルディスタンスを取れる感じで快適だ〜! 列を作って整理券を配っていた美術館とは思えない(笑)
というわけで、のんびり楽しんで参りました。

IMG_9548.JPG

さてさて、今回の展覧会。
オランダのライデン国立古代博物館が所蔵している品々が来日です。

・エジプトを探検する
・エジプトを発見する
・エジプトを解読する
・エジプトをスキャンする

上記4章の構成で、18世紀の探検家たちによるエジプト遺物発見、ナポレオン時代の学者達による調査の資料、そして現代の最新技術による研究が一通りわかるものになっています。
何処かの時代に特化した展覧会ではなく、展示されていた品々もエジプトの先王朝時代、古王国時代〜新王国時代など、それぞれの時代のものが少しずつ来ている印象だったかな。

IMG_9550.JPG

12センチ〜15センチくらいの神々の像もずらり。
このあいだ、足の指の長さで「エジプト型」「ギリシャ型」「ローマ型」などを見たばかりだったので、ついつい足の形に目がいってしまった。なかにはギリシャ型の足をした像もあってちょっと笑いました^m^

死者の書も保存状態が良くて見ていてうっとりです。
読めたらもっと楽しいだろうなあ。

IMG_9549.JPG

IMG_9551.JPG

メインフロアは、やっぱり棺&ミイラのフロア。
ミイラが入っていた棺が立てて展示されています。ずらりと並んでいるので、なかなか迫力があるよ。棺の前に立って、自分が入ったところを想像。この棺だとお尻がちょっと入らないかしら……なんて考えちゃいました(笑)

IMG_9553.JPG

それにしても本当に棺内の装飾も美しいの!!
これは実際に展覧会で観てくださいませ^^

IMG_9552.JPG

ミイラはもちろん麻布に包まれているんだけど、映像で CT スキャンしたものが流れていました。どこに装飾品が置かれていたかなども分かるよ。そして蛇のミイラもスキャンしたら、エジプトでは珍しいコブラのミイラだったことが分かったそうな。

ミイラを作るときに取り出した内臓を入れたカノポス壺や棺の調査もおこなっているんだって。内臓の痕跡を調べると、どんな病気だったのかも分かるみたい。面白いね。

楽しい展覧会だったんだけど、展示数がちょっと物足りなかったです。約250点来ているんだけど、あっというまに終わっちゃった印象。あれれ、もう出口だって感じでした(笑)

ショップで買ったのはハンカチ^^
手触りがとても良くて、コレを使って母に夏用マスクを作ってもらおう〜って思ったのでww

IMG_9547.JPG

展覧会を観終わったら寄り道せずに帰るつもりだったんだけど、出口に向かう途中、Bunkamura 内のオープンカフェに人が全然居なくてねww
お昼時だからここで食べちゃおうって思って入りました。

IMG_9544.JPG

鮪漬けとシラスのライスボウルをいただきました。
食べている間、お客さんはわたしの他に一人。席も離れているので安心。食べ終わったら今度こそまっすぐ帰宅です。

家に帰ってきて着ていたものを全部脱いで洗濯!
お風呂もいれてノンビリ午後風呂を楽しみました ^m^
うみちゃんと一緒にお風呂でした♪

IMG_8088.JPG

*******
ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
Bunkamuraザ・ミュージアム
2021年4月16日〜6月27日
https://leidenegypt.jp/

この展覧会は巡回します。
福岡と札幌は中止になっていたんだけど、巡回が決定したようですよ。


仙台市博物館 2021年7月9日〜9月5日
山口県立美術館 2021年9月18日〜11月7日
兵庫県立美術館 2021年11月20日~2022年2月27日
福岡市博物館 2022年3月12日〜6月19日
北海道立近代美術館 2022年7月~8月(予定)


nice!(82)  コメント(37) 
共通テーマ:アート

システムが残念すぎる渋谷の古代エジプト展 [アート]

「久しぶりに、おかーちゃんがムっとしていたのにゃ」

IMG_8546.JPG

昨日は Bunkamuraザ・ミュージアムで、古代エジプト展の初日でした。
「4月16日(金)~6月11日(金)は入場日時予約不要でご入場いただけます」と記載されていたので、前売り券を買ってました。(展覧会は、始まってすぐに観たい性格だからw)

002.jpg

渋谷は久しぶりです。
どうしても観たい展覧会があるときしか降り立つことはないからねぇ。駅周辺がすっかり変わっていて、お上りさん状態で Bunkamuraザ・ミュージアムを目指しますよ。ポケGO 画面でも、訪れてないポケストップのオンパレード(笑)

IMG_8542.jpg

美術館につくと、「整理券はお持ちですか?」と聞かれたので
持ってませんって答えたら、今は整理券をお配りしてるんで、貰ってきてくださいとのこと。
ビルの外に出て、係員と思われる人に整理券のことを聞くと、ビル沿いに最後尾の列がありますって言うじゃないですか。
見ると、めっちゃ長蛇の列。

……このコロナ禍、こんなふうに整理券をもらうために並ばせるのっておかしくない?
だったら開催初日から全部、日時指定券にして人数調整しておくべきなんじゃない?

ズラリと並んでいる列を見たら、もう展覧会を観る気は失せたけど
これはネタのために並んでみようと気持ちを入れ替えて並んでみたよ(笑)

10:10 頃並びはじめて、だらだらと列が進むのを待ちます。
後ろでは会社に入ったばかりと思われる男の子3人がぺちゃくちゃ喋ってます。会話も控えてほしいなあw
そして貰った整理券の時間は 15:30 からのものでした。

IMG_8544.JPG

現在の時刻 10:25 過ぎ。
用も無いのに時間まで渋谷界隈をうろうろするわけないじゃん!(なにせ家は遠いですから、一度帰ってまた来るなんて無理ですよ)
整理券に書かれている「新型コロナウイルス感染拡大防止策にご協力お願いします」って言葉が虚しいよ。無駄な時間潰しをさせて感染リスクを高めてどうするの。このシステムは間違いだと思うなあ〜。

相方くんのLINEに愚痴を書いて帰宅(笑)

IMG_8543.jpg
【LINE の背景は 伊藤若冲 ♪】

結局渋谷まで往復しただけで帰ってきたわ。
電車が空いていたのが救いです。でも渋谷は人が多かった〜〜。
うちの界隈が平和なのが良くわかる(笑)

家に帰ってきたらホームページのトップページに整理券のことが書かれてます。
当日に書いてもしかたないでしょ。この情報はあまり機能しないと思う。(まあ、見たら行く気が失せる可能性はあるけどw)チケット購入画面などの分かりやすい場所に整理券を配る旨をはっきり書いておくべきです。
ってか、この手の人気のある展覧会は、やっぱり全日程を日時指定券にすべきだと思う。今のご時世、並ばせるのは良くないよ。。。

003.jpg

というわけで、古代エジプト展に行こうと思ってる人は、日時指定券が発売される 6 月 12 日以降に行った方が時間を無駄にしないでいいかもしれないです。でも開催期間の終盤になってるから混雑してるかもしれないけどねぇ。

展覧会だけ観てサクっと帰りたいのに。
なんだかなぁ〜って思った古代エジプト展でした。帰宅後は速攻洗濯&シャワーですよ(笑)


******
古代エジプト展
Bunkamuraザ・ミュージアム
2021年4月16日〜6月27日
https://www.leidenegypt.jp/


ちょっと荒んだ心だったけど、この日はキッチンカーがラーメンの日^^
晩ご飯に美味しいラーメンを食べて機嫌も直ったのでした。

IMG_8554.JPG

今回は太麺♪♪

IMG_8556.JPG



nice!(87)  コメント(53) 
共通テーマ:アート

「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」面白かった! [アート]

展覧会初日のサントリー美術館。
今回の展覧会は、アメリカ中西部ミネソタ州にあるミネアポリス美術館所蔵の展覧会です。題して『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』

suntory.jpg

今回の展覧会、すべての作品の撮影がOKでした。
他の美術館から借りてきたものが撮影OKだなんて珍しいよ!!

ミネアポリス美術館は約9万点を超える美術品を所蔵していて、そのうち日本絵画コレクションは約2500点なんだそうな。この展覧会では中世から近代にいたる日本絵画が来日しておりました。

まずは水墨画のフロア。
室町時代、山田道安の『竜虎図屏風』です。この絵師は知らないなあ。東大寺大仏の修理の指揮をとったんだって。すごい!

IMG_8447.JPG

迫力がありながらも、可愛い虎ちゃん(笑)

IMG_8448.JPG

お次のフロアは狩野派の作品がずらり。
京都・大覚寺の襖絵だったと言われている『四季耕作図襖』は、十六面のうち八面が展示されていたよ。狩野山楽の作品と伝えられてます。

IMG_8450.JPG

四季を通じた耕作の様子が描かれています。人々の営みを楽しんでいたら・・・猫発見^^

IMG_8452.JPG

やまと絵のフロアには西行物語を描いた屏風や源氏物語図などが展示されてましたよ。そしてこの『きりぎりす絵巻(伝 住吉如慶)』は、きりぎりすに見えないww

IMG_8460.JPG

『武蔵野図屏風』は薄原にいろんな野花が描かれていて情緒豊かでした。
こんな雰囲気の中で作品を楽しんだよー。

IMG_8467.JPG

琳派のフロアでは俵屋宗達や酒井抱一の作品を楽しんで、お次は伊藤若冲や曾我蕭白などの「画壇の革新者たち」のフロアへ!
江戸時代後期。既存の流派や様式にとらわれない絵師たちのコーナーです^^

IMG_8468.JPG

伊藤若冲の鶏♪♪
『鶏図押絵貼屛風』のこのお尻を向けている鶏さんが好きw

IMG_8477.JPG

曾我蕭白の大胆な筆遣い。『群鶴図屛風』の鶴の表情が良いんだよねえ。
いろんな鶴を楽しみました。インスタでは、ほくそ笑んでる鶴の顔や、他諸々を載せておいたよw

IMG_8471.JPG

松井慶仲の『虎図』は、爪がシャキーーーンと出ていてね、この表情と爪で、ゆきちさんのところのこてつくんが浮かんだ(笑) 勝手なイメージですww

IMG_8480.JPG

その他、浮世絵や日本の文人画、明治時代に入ってからの作品なども展示されていて、その時代時代の作品を楽しめる展覧会。わたしの好きな柴田是真の作品もありました。『漆絵画帖』の虎。

IMG_8496.JPG

漆で描かれているんだよ。凄いの!
漆絵は色数が限られるんだけど、さすが漆の扱いに長けている柴田是真。見事な作品でした。

展覧会のあとのランチは遠出せず、美術館隣のカフェ、加賀麩不室屋でいただきます。
加賀麩とりどり膳は、九谷焼の器も楽しめるのよん。

IMG_8498.JPG

この展覧会、福島と滋賀に巡回します〜!
ホームページを見ると他の地域にも巡回すると思われる記述がありました。

*******
ミネアポリス美術館 日本絵画の名品
サントリー美術館
2021年4月14日〜6月27日
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2021_1/

【巡回】
福島県立美術館 2021年7月8日〜9月5日予定
MIHO MUSEUM 2021年9月18日〜12月12日予定


*****
そして今日はまた別の展覧会に行ってまいります。
コメントのお返事&ブログ巡回遅れます〜

【11:40 追記】
Bunkamuraザ・ミュージアムのエジプト展に行ったら、なんと整理券配布。
15:30の回だというので帰ってきました。
いまどき整理券をもらうための長蛇の列とかありえない!(笑)
明日の記事に愚痴らせてもらいますww


nice!(80)  コメント(35) 
共通テーマ:アート

美術館の春まつり2021 [アート]

東京国立近代美術館で『あやしい絵』展を観たあとは、所蔵作品コーナーへ。現在は『美術館の春まつり2021』と題して、花咲く名品が展示されています。

spring.jpg

重要文化財、川合玉堂の『行く春』が展示されているのだ。
自然の中にある山桜なのかな。雄大な風景の中に入り込んでしまうような気分になるよ。

IMG_8021.JPG
    IMG_8020.JPG

桜の花が丁寧に細かく描かれていて、すごく立体的なの。
本当に桜を見上げているような気分にさせてくれるのだ。しばしうっとり眺めました。

IMG_8022.JPG

跡見玉枝の『桜花図屏風』もとてもリアルです。

IMG_8017.JPG

同じく跡見玉枝が描いた『桜花図巻』も展示されていて、こんなに桜にも種類があるのかとビックリだったわ。これはほんの一部です。

sakura.jpg

東北がテーマの作品コーナーもありました。
東山魁夷の『青響』は、土湯峠だそうな。ブナの原生林のなかに流れ落ちる滝。幻想的な風景です。

IMG_8014.JPG

奥田元宗の『磐梯』もインパクトがありました。
標高1819m の磐梯山。容易に近づいてはいけないような、自然の厳しい一面を見ているような気分になったわ。

IMG_8024.JPG

アントニー・ゴームリー作の人物と一緒に、外の花も楽しもう(笑)

IMG_8025.JPG

皇居の桜も綺麗なんだろうねー。
今年はこうやって遠くから眺めるにとどめておきますわ^^

IMG_8026.JPG

美術館を出ると12時近くになってました。
毎日新聞社関連の会社が入ってるパレスサイドビルのレストラン街は、もう混雑してるに違いないので、上野までは戻ってきました。

IMG_8027.JPG

上野のマルイにある北野エースに用事があったので、マルイの中でランチです。
なにせ空いてるからねー。豆乳担担うどんを食べました。ほうじ茶をもらってまったりしたよー。
母への貢ぎ物を買ったあと、隣にある郵便局から郵送。最寄り駅に戻ってきて、ソメイヨシノをチェックしてから帰宅。そのときの記事が27日のものです。

IMG_8067.JPG

あおくんは寝てました^^
帰宅後は着ていたものを全部洗濯してシャワーを浴びたよぉ。なにせ地下鉄に乗って遠出したからねww

ビールを飲みながら母に「貢ぎ物を送ったよ〜」と FaceTime で連絡。そしたら飲んでいるわたしを見て「いいなーいいなー」と言い始めた母(笑)
コンビニ(北海道はセコマw)までダッシュで行ってビールを買ってきた母と一緒に、オンライン飲みをして過ごした午後でした(笑)


*******
美術館の春まつり2021
東京国立近代美術館
2021年3月23日〜4月11日
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/springfest2021/


nice!(84)  コメント(35) 
共通テーマ:アート