SSブログ
お江戸サンポ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

浅草から始まる東京散策 [お江戸サンポ]

「あれ? 昨日のおばちゃん。今日も居るのニャ?」

IMG_1451.JPG
【撮影:くつしたにゃんさん】

「ボクのこと吸いに来たにゃ?」

IMG_1450.JPG
【撮影:くつしたにゃんさん】

くつしたにゃんさん東京滞在 2 日目。
うちで朝ご飯を食べたあと、2 ニャンと遊んでから東京観光出発です〜!



まずは定番の浅草!
まだ一度も訪れたことがなかったんだって。10 時過ぎの浅草は人がたくさん!!

IMG_1393.JPG

いつもは通らない仲見世も、浅草初の人がいるからね。ガッツリ歩きますよww
いや〜人が多かったなあ。いつも早朝の人が居ない浅草寺ばかり見てるからねえ ^m^

浅草寺本堂の剥がれた天井画は 12 月中旬頃復活するようです。

IMG_1397.JPG

浅草神社も参拝客が多くてビックリ。
七五三のお参りもあったみたいだね。

IMG_1398.JPG

浅草寺界隈、花やしき界隈、ホッピー通りなどをぷらぷら。
ついでに早朝散策で買うおにぎり屋さんも紹介しておいたww

飲食店はどこも人が多いので、このへんで食べるのは並ぶ時間が勿体ないね。というわけで、すみだリバーウォークを渡って墨田区側に入りました。このあたりは観光客もそんなに多くないのだ。

隅田公園でカフェに入ったよ〜。
「おばちゃんは人混みは苦手だわ」と、くつしたにゃんさんww
空いてるカフェのテラス席でくつろぎます。

IMG_1400.JPG

ついでに此処でランチ。ホットドッグを食べました^^

IMG_1403.JPG

せっかくスカイツリーの近くに来たので、そっちにも行ってみたいという希望が出たので、てくてく歩きながらスカイツリーを目指します。

IMG_1404.JPG

下までくると「でかーい! 鉄塔だぁ〜!」と、ちょっと興奮してるくつしたにゃんさんでした^^

IMG_1406.JPG

展望台にのぼるにはお値段もわりとしちゃうので、ちょっと違う角度から無料でスカイツリーと周りの景色を見る?って提案して、連れてきたのは 30F と 31F にあるソラマチダイニング。

それなりに景色が楽しめるでしょ?
「大阪人やから、お得なのは嬉しい」と嬉しそうに東京の景色を楽しんでいました。

IMG_1409.JPG

眼下にはプラネタリウムも見えるよ^^
あのあたりには、寝転んでスカイツリーを見上げられるベンチもあるのさ。

IMG_1411.JPG

正面にはスカイツリーがどどんと立ってるのです。

IMG_1412.JPG

せっかくなのでコロル2世と、くつしたちゃん & アメリンちゃんも記念撮影〜。

IMG_1419.JPG

メイキングシーンを撮られていた(笑)

IMG_1445.JPG

帰りの新幹線の時間は 15 時過ぎ。14 時をまわったので東京駅界隈に移動です。
駅舎を背景に自撮り!(笑)

IMG_1442.JPG

江戸城跡 & 皇居方面もちょっと散歩^^
桔梗門あたりでパチリです。

IMG_1428.JPG

こんな感じで東京散策は終了。
15 時 9 分の新幹線で大阪に帰っていったくつしたにゃんさんでした。

今回は初めての場所を散策できたので楽しかったって言ってくれて良かったわ^^
そして兎に角 2 ニャンに会えたことが 1 番嬉しかったって^^
そう言ってもらえて、こちらも嬉しいヨ♪♪


nice!(64)  コメント(31) 
共通テーマ:アート

立石熊野神社の古墳は社殿の下 [お江戸サンポ]

「今日で今回の古墳巡りは最終回にゃー」

IMG_9849.JPG

葛飾区にある立石熊野神社。
かつては此処に円墳があったとのこと。でも現在はこの熊野神社の下に円墳は眠っているんだって。都区内の古墳は、どうしてもこういう感じのものが多いのかもしれないね。

もともとは 18m ほどの円墳で、須恵器や土師器が出土しているので、7 世紀後半のものと推定されているんだって。

神社のご神紋に関する説明も書かれてました。熊野の八咫烏+陰陽五行の五角形なのね。

IMG_9522.JPG

境内には大きなクスノキが。夫婦楠って呼ばれてるみたいです。



根元に出来ていたうろ(樹洞)の中には厨子のようなものが納められてました。
観音扉は閉ざされていたけど、どんな神様がいるのかな。竹の柵で厳重に覆われてました。

IMG_9552.JPG

この社殿の下に円墳があるのねー。



ちなみに、こちらのご神体は石剣らしいのですが、これは縄文時代の石棒なのでは? と、古墳研究の鳥居龍蔵博士は言っているんだって。まあ、石剣は縄文の後期から出現していて、石棒が変化したものって言われてるから、その考えも間違いではないのかもしれん。

朱鳥居の奥にあるのは稲荷社。
江戸時代に、もともとあった塚の上に盛土をして塚を作り直したみたい。わりと重要な塚だったのかしら。



境内にはポニー舎があったよ。



そして五重塔もあるらしい。なんでもあるんだなww



ちょっと逆光になっちゃった。
こぢんまりとした五重塔。可愛らしかったです。



浅間(せんげん)社もある!
富士塚のほうがこんもりしていて古墳チックだよねww



もちろん登頂してきました(笑)

IMG_9557.JPG

こんな感じで葛飾区の古墳巡りは終了。
見るからに「古墳です!」っていうものじゃなかったのは残念だけど、これが現状だよねー。

この神社のすぐ南あたりにある南蔵院。
その裏にも古墳があったらしいんだけど、現在はマンションが建てられたそうな。なので観に行くのはやめました。不審者に思われたくないしww

マンションが建てられる前に発掘調査をして、円筒埴輪・形象埴輪が出土したそうな。
6 世紀後半の古墳とされたそうですわ。

また時間を見つけて都区内の古墳散策をしてみようと思ってます。
ぼんやり計画を立てている場所も、現在は神社になっているみたいだけどねww



今日(土曜日)は、浅草早朝散策の予定。
そのあとはちょっと遠出してきます。ブログ活動はお休みデス ^^


nice!(62)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

葛飾区の柴又八幡神社古墳に思いを馳せる [お江戸サンポ]

東京都区内の古墳巡り。
今回訪れたのは葛飾区の柴又八幡神社。初参拝!

IMG_9495.JPG

柴又帝釈天周辺も、奈良〜平安時代の遺構や遺跡が発見されてる場所なんだって。
この八幡神社も江戸川から微妙に高い場所にあって、戦前から社殿裏に石棺状の石組みがあったのは知られていたんだそうな。そして八幡神社に円筒埴輪が保管されていたので、古墳だろうって言われていたみたい。



昭和40年から数回にわたる調査の結果、円墳であることが判明。6世紀後半の古墳時代後期に構築されたものだろうとのこと。平成14年には鍔(つば)付き帽子をかぶった下総型埴輪が出土。
帽子をかぶった姿が『男はつらいよ』の寅さんの姿に似てるので「寅さん埴輪」と愛称が付けられたんだって。下の写真 ↓ では、右が寅さん埴輪。



まずはご挨拶をしないとね^^
まっすぐの参道は気持ちいいね。



ご祭神は誉田別尊。応神天皇のことネ。
それから建御名方尊だって。へぇ〜、タケミナカタ! 諏訪に封じ込められた神様じゃん。いつからご祭神なのかは分からないけど、まぁ軍神として崇められてるから、この界隈には合ってるのかもしれないな。(意味不明よね。ごめんww)



初めましてのご挨拶。社殿の下に石室は眠っているようです。
社殿の裏手に向かうとき、八幡神社宮司の言葉が刻まれた石碑を見つけたよ。



尊い祖霊が一千数百年前からこの八幡神社の社殿の地下に鎮斉されていたので、その御遺骨と御遺品を島俣塚の御称号のもとに奉安したという内容。感謝を捧げる言葉が綴られてました。
此処からは遺骨や埴輪、直刀、馬具、須恵器などが見つかったみたいだよ。



この地に眠っていた人に思いを馳せて手を合わせてきました。
どんな人物だったのかなあ〜。柴又八幡神社は、柴又村の鎮守みたいなので、もちろん柴又地域を治めていた豪族なんだろうね。



しかし、見つかった埴輪などは何処で見られるんだろう?
葛飾区役所に問い合わせたら教えてくれるのかな……問い合わせてないけど(笑)

この古墳が造られた時代は、ヤマトが中央集権体制を強化する律令の時代。
戸籍制度で人々を土地に縛り付けて税の徴収を行っていた時代。
この頃、葛飾区は下総国に属してて、現在の柴又は「嶋俣の里」(しままたのさと)って呼ばれていたんだって。

そして正倉院文書の戸籍によると、此処は孔王部(あなほべ)という姓を名乗ってる人が殆どだったそうな。そして刀艮(トラ)と佐久良売(サクラメ)って名前の人物が記載されてるらしいよ。
私は『男はつらいよ』を見てないので詳しく知らないんだけど、トラとサクラ。ちょっと因縁チックな内容が古墳の本に書いてありました ^m^

古墳の埋葬者も孔王部(あなほべ)さんなのかなあ?



境内にあった祠。
誰が祀られてるのかはとくに書かれてなかった記憶が。どんな神様が坐るのかな。



時間を見ると 11 時半を過ぎたところです。
この界隈でお昼にしようと思って参道をうろうろしたんだけど、イマイチ惹かれる店がない。

前に帝釈天を訪れたときは焼き鳥屋さんでビールと焼き鳥にしたんだけど、この日もすごく蒸し暑くてね。焼き鳥っていう気分じゃなかったのだ。

しばらくうろうろしたんだけど、今回はこの界隈はパスして、次の目的地に向かうことにしました。京成線に乗って青砥で下りるの。そのあたりでランチにしようかな。

というわけで続く。


nice!(72)  コメント(31) 
共通テーマ:アート

柴又の山本亭と帝釈天 [お江戸サンポ]

ソファーを通って窓側にあるクリアボウルに向かうあおくんです。

IMG_9655.JPG

「今日からまた古墳探しの記事にゃんだって。数日間はボクの出番はナシにゃ〜」



9月14日。
前日、浅草の古墳かもしれない探索をしたので今日は柴又へ。



柴又八幡神社。ここの境内に古墳があるのです。
京成線に乗って電車のなかで地図をチェック。柴又は帝釈天方面には何度か来ているけど、八幡神社は初めて。ズームして、境内の様子も頭に入れました。



ところが!
改札口は1つで、駅を出てみると方向音痴の法則(?)で、帝釈天方面に歩いている私ww

うーむ、時間に追われているわけでもないから、ちょっと帝釈天にご挨拶でもしていくか。そう思って歩き始めたら、何故か帝釈天じゃなくて山本亭に向かっているよww
山本亭に呼ばれてるってことか?(笑)

到着したのは山本亭。
来るのは 2 度目かな?



山本亭は、地元ゆかりの山本工場(カメラ部品製造)の創立者である山本栄之助翁の自宅とのこと。大正末期から昭和初期に増改築された当時には珍しい二世帯住宅なんだって。ここのおうち、広々していて落ち着ける雰囲気で結構好き^^

入館料 100 円を払って中に入ります。

IMG_9572.JPG

広々した空間。素敵でしょ?



建物内には土蔵もあるのだ。入れないけどw



お庭も素敵なのです。
米国の日本庭園専門誌でもこの庭はランクインするんだとか。



この和室でのんびり庭を眺めるのも良しなのです。



葛飾区在住の福田千惠(せんけい)さんという日本画家の作品『花菖蒲』も飾られているよ。画の前に座ってしばし眺める。



鳳凰の間は山本亭唯一の洋間。



天井も高いんだよ。

IMG_9469.JPG

でも私は和室でのんびりしたい派ですw
……などと言ってる場合じゃなかった。今日は古墳を見に来たんだから!

というわけで山本亭を出て、柴又八幡神社に向かうんだけど……



いちおう帝釈天にもご挨拶しておこうね(笑)



日蓮宗の経栄山題経寺。
前に訪れたのはいつだったかなあ? けっこう前のような気がします。
調べたら 2018 年だったわ。



ここの彫刻ギャラリーが見事なんだけど、今回はパス。
なにせ今日の目当ては古墳ですから(笑)



今度こそ、寄り道せずに柴又八幡神社に向かうのです。
つづく。


*** おまけ ***

記事は 9 月中旬の古い話なので、最新ネタ。
9 月に入ってから左足の裏がズキズキ痛いです。土踏まずとかかとの境目。押すともっとズキズキ痛い。

朝起きたときが 1 番痛くて、朝一番のオチッコに行くまで壁に手をついて歩くのだ。床にあたる衝撃がつらい。そのうち慣れて日中は普通に歩けていたんだけど、昨日から日中もなんとなく痛いなあ。

いつも行く整形外科は正直ヤブなので、違う病院で診て貰いたい(笑)
とりあえず足の裏を診られるだろうから、クリーム塗ってかかとはスベスベにしておきます^^
新しい整形外科探さなくちゃ。ってか、整形外科で良いんだろうか?


nice!(71)  コメント(39) 
共通テーマ:アート

牛嶋神社のお祭りとオレ様あお [お江戸サンポ]

昨日は出掛けていたのでブログ活動お休みしちゃいました。
今日もお休みかもしれません。月曜日には皆さんのところに遊びに行きますね!



都内某所をチャリで散策していたとき、見つけちゃった像。

IMG_9888.JPG

蛇にこの頭……これって絶対宇賀神さんだよね?
お寺の裏にひっそりと祀られてました。特に何の記載もなし。弁財天の頭に乗ってるのはトーハクで観てるけど、宇賀神単体で祀られてるのは殆ど観たことがないので新鮮でした^^



時間を戻して 9 月 17 日。
この日は墨田区の牛嶋神社でお祭りがありました。
5 年に一度の大祭で、15 日には鳳輦神幸祭があって牛が鳳輦(ほうれん)をひいて歩いたみたい。17 日は大神輿が町を練り歩いていたみたいだよ。

境内も盛り上がってました。



この日は浅草散策をした流れで牛嶋神社に来てみたのだ。
(相方クンはジョギング、私はチャリで伴走でしたw)



阿吽にはなっていなかった狛牛さんをパチリ。
なかなか凜々しいお顔立ちね。



こちらの牛さんは、今から立ち上がろうとしているのか。それとも座ろうとしているのか。



家に帰る途中で、気になっていた蕎麦屋を発見したので
今度食べに来てみるつもり^^



インスタ猫友、タロハナママからもらった Halloween ロシロシ星人^^
うみちゃん、くんくん匂いを嗅いでます。キャットニップやマタタビの香りがするかい?

IMG_9803.JPG

するとオレ様あおが登場。

IMG_9804.JPG

「うみが楽しんでいたのにー! あおなんて嫌い!」

IMG_9805.JPG

そそくさと去って行くうみちゃん。
あおはこのあと、ロシロシ星人をガブガブして楽しんでました^^;


nice!(65)  コメント(36) 
共通テーマ:アート

牛嶋神社と縁を結んできたわ [お江戸サンポ]

今日で浅草界隈の散策日記は終了にゃ。

IMG_9581.JPG



浅草寺をあとにして向かったのは墨田区の牛嶋神社。
葛飾北斎が『須佐之男命厄神退治之図』を描いて奉納した神社。参拝するのは初めてなのだ。

北斎の描いた作品は関東大震災で焼失したんだけど、明治43年に刊行された「国華」に掲載されていたモノクロ写真をもとに、最新技術をもちいて推定復元されたものは、すみだ北斎美術館で観ることが出来るよ。

2815.jpeg

この牛嶋神社、ご祭神はもちろん須佐之男命。それから天之穂日命・貞辰親王命だそうな。明治の神仏分離令で「牛嶋神社」と名前が変わったけど、それ以前は「牛御前(うしのごぜん)社」と呼ばれていたんだって。神仏習合の頃は牛頭天王とも関わりがありそうだ。



鎌倉時代には浅草寺に牛のような妖怪が現れて、この神社に飛び込み、牛鬼は神として祀られたという話もあるみたい。牛鬼は牛頭天王(= スサノオ)だったのかな?(笑)

ここの神社の鳥居がすごく変わっているのです。三ツ鳥居なの。



このアングルの方が分かりやすいかな?
明神鳥居の両脇に、小規模な2つの鳥居を組み合わせたものなのだ。別名、三輪鳥居。



三輪って聞くと、奈良の大神神社が浮かんじゃうねww
三輪山の拝殿と禁足地の間にも結界として三ツ鳥居があるとのことなので(しかも重要文化財)、いつか参拝したときに見てみたいなあ〜。

社殿も関東大震災で被害に遭ったので、昭和7年に今の場所に遷座して再建されたみたい。



太くて立派な足の狛犬さんをパチリしていたら……



銀杏の木に沢山の実がなってる!!
うわー! 銀杏拾いしたいww



鳳輦 (ほうれん) が飾られてました。
5 年に一度の例大祭では牛にひかれて町内を巡るみたい。



撫牛も居た!
自分の体の悪い部分を撫で、牛の同じ所を撫でると病気が治ると言われる撫牛。ここの撫牛は心の病も治ると信じられてるんだって。



この撫牛は文政8年頃(1825)に奉納されたもので、それ以前は牛型の自然石だったらしいよ。
そして狛犬ならぬ、狛牛!



狛牛は初めて見た気がするわ^^
ちゃんと阿吽になっているのか見てくるのを忘れたので、今度また参拝するときに観察してきます(笑)



なにせ暑くて暑くて^^;
ペットボトルのお茶も飲み干してしまったので、干からびないうちに帰ろう。
最初は三囲(みめぐり)神社にも足を伸ばそうかと思ったけど無理ww

この牛嶋神社、昭和7年に此処に移転してきたわけなんだけど、もともとあった場所には古墳かもしれないと言われた塚があったそうな。現在は消滅しちゃったみたい。



家に帰ってシャワーを浴びてスッキリ!
こんな感じで浅草界隈の「古墳かもしれない」散策は終了。
翌日は柴又の古墳(こっちは調査で埴輪も出土してる)に行ってきました。その記事はまたそのうち^^

展覧会の記事や東京ロビン記事を先に UP するよ。


……後日、9月17日、もう一度牛嶋神社に行ってきました。
神輿がたくさん出ていたよ〜。
狛牛は阿吽になってなくて、どちらも口は閉じてましたw


nice!(69)  コメント(32) 
共通テーマ:アート

浅草寺の弁天山は古墳なの? [お江戸サンポ]

昨日の記事の続きだニャ〜。

IMG_9582.JPG

浅草の「古墳かもしれない」場所を散策する旅w
待乳山聖天をあとにして訪れたのは浅草寺。

時間は 14 時過ぎだったので、観光客で賑わっている浅草寺です。ま、今回は「古墳かも」探しなので混雑してる場所はスルー。本堂へのご挨拶もナシです(笑)
五重塔を横目に見ながらチャリをコロコロ転がして……



目的地は此処。地図右下の弁天山。


公式サイトより拝借

全然意識してなかったけど、此処もたしかに小高い丘なのよね。



公式サイトによると、かつては弁天山の周りは池があったみたい。古墳時代に池があったのかは謎だけど(笑)
もしも古墳だったらお墓の上に立つわけなので、心の中で「失礼します」と声を掛けてから石段を上って、上から見下ろしてみた。



弁天さまにご挨拶。
古墳なんですかねえ? って聞いたけど、答えはなかった。(当たり前だ)



お隣にあるのは時の鐘。
早朝散策をしたときに 6 時になると此処の鐘が鳴ります^^



待乳山聖天も、この弁天山も、古墳の可能性があると唱えた鳥居龍蔵には申し訳ないけど、私には古墳なのかは全く分からないな。
でも、もしも古墳だったら、この界隈に 5 〜 6 世紀くらいにわりと力のある豪族が居たってことなんだよねえ。どんな豪族だったのかなーなんて想像するのも面白いな。浅草寺創建に関わりのある人たちだったのかなー。

いつも散策する浅草寺。これからはちょっと違う見方で楽しめそうです。
さて、この日もめっちゃ蒸し暑かったので、そろそろ家に帰ろうと思ったんだけど……ふと思い出して、もう一箇所立ち寄ることにしたのでした^^

浅草のある台東区から隅田川を越えて、墨田区側に行きますよ〜。


*** おまけ ***



東武線の浅草駅近くにある九曜星。焼き鳥屋さん^^
ここの鶏雑炊が美味しくて好きなのだー。もちろん焼き鳥も美味しいよ!
でもすっかり昼飲み人間になってしまったので、このお店にも何年も来てません。

そのうち来たいな〜と思いつつ、夜に出歩かなくなったからなあ ^ω^;


nice!(74)  コメント(26) 
共通テーマ:アート

浅草、待乳山聖天へ参拝 [お江戸サンポ]

「今日からしばらくは、記事のカテゴリが "お江戸サンポ" になりそうにゃから、冒頭写真はボクにしてもらうにゃ」

IMG_9439.JPG



チャリで出掛けた浅草。
目指すは待乳山聖天です。まつちやま しょうでん って読むよ。古墳研究の先駆者・鳥居龍蔵によると、此処も都内の古墳候補のひとつなんだそうな。

確かに本堂があるのは小高い丘(待乳山)の上。古墳だった可能性はありそうだよ。

2020.jpg
公式サイトの境内案内より拝借】

木々のてっぺんの間から本堂が見えます。



この階段を上っていこう〜! 天狗坂って名前のようです。



参拝するのは何年ぶりかなあ。鎮座されているのは聖天さま(大聖歓喜天)です。もともとはヒンドゥー教のガネーシャ(象の頭の神様)に相当する神。仏教では天部の一つ。

願い事はないので、ご挨拶だけ。
「古墳を探しに来ました」って伝えておきました。この本堂の下が古墳だったんだろうか……



江戸時代の待乳山聖天は、こんな感じだったそうです。
かなり広範囲だよね。もし古墳だったとしたら、結構な規模なんじゃないだろうか。



待乳山からの景色、現在はこんな感じです。
どーんとスカイツリー(笑)



実際に発掘されたことはないだろうから、この山が本当に古墳なのかは謎だけどw
でも古墳かもしれないのね! って思いながら境内をうろうろしました^^



聖天サマとはあまり関わりがないので、参拝するのも数年ぶりだったけど(そのときも願い事はしてない)、久しぶりに境内を歩いて気持ちよかったな。



境内を出るときに「ありがとうございました」と一礼して、チャリに乗ります!
さあ、お次は浅草寺の古墳候補地に向けて GO ですよ〜^^


nice!(68)  コメント(31) 
共通テーマ:アート

東京下町の古墳、プロローグ。 [お江戸サンポ]

9月も暑い日が多かったですねー。
あおくん、洗面台で寛いでますよ。ヒンヤリするんだねえ^^

IMG_9352.JPG

相方クンが熊本出張中、いろいろ出掛けようと思ってたの。

私「居ないあいだに大宮に行ってくるね」
相方クン「なんで?」
私「氷川神社に行ってくる〜。スサノオさんにご挨拶よ!」
相方クン「えー、それはオレも行きたい」

相方クンは愛知県(名古屋)出身と言ってるけど、高校1年までは埼玉県民。
この界隈はとても懐かしい場所なんだそうな。久しぶりに訪れたいとのこと。
うーむ、じゃあ氷川神社は別の機会にするかぁ。

私「じゃあ都内の古墳巡りするよ」
相方クン「それは興味ないからどんどん行っておいで」

と言うわけで、都内の古墳を見に行くことにしよう!

こんな本を読んでいたので、いろいろ行ってみたいところがあるんだよ。
でもいきなり東京の西方面に行くのは遠いので、近場から^^

IMG_9440.JPG

***
今日の記事はプロローグ。興味ない人はスルーでよろしく!
鬱陶しいウンチクと私の備忘録ですww

じつは最近まで、東京の古墳は府中や国立、多摩川沿いなど
どちらかというと西方面にしかないんだと思っていたのだ。上野公園内にはあるけど、上野は高い場所だからねー。遥か昔、東京の東側は湿地だったり海だったり。そんなところに古墳があると思ってなかったの。
(家康が頑張って江戸の町を作った!ww)

でも千葉ドライブをしたときに古墳のことを調べて、東京の東側にもけっこう古墳があることを知ったのよね。で、この本を読んでさらに行きたくなったのでした(笑)

まずは柴又にある古墳に行こう! と思ったんだけど、この日は京成線で停電トラブルがあり電車に遅延があることを知ったので、柴又は翌日行くことにして、この日はチャリで浅草方面に向かいます。

いつも散策するコースなんだけど、まさかいつも見ている場所が古墳だったとは! というわけで、今回は「古墳かもしれないのね!」ってことを意識して見てこようって思ったのでした。



浅草にある古墳に関しては「古墳の可能性がある」っていうのが正しい言い方みたいです。



ここで登場するのが鳥居龍蔵という人物。
19世紀〜20世紀に生きた人です。東京の古墳研究の先駆者だそうな。

知らない人だなーって思って Wiki を見たら、鳥居さんが師と仰いだのが坪井正五郎って書いてあった。坪井さんは知ってる!
現在の東大の人類学者。
日本石器時代人 = コロポックルっていう説を唱えた人だから(笑)

鳥居龍蔵は坪井正五郎の命を受けて千島列島北部とカムチャツカ半島へフィールドワークに行って、その結果、アイヌ民話に登場する小人・コロポックルは伝説だって実証。結果的に坪井正五郎の説は間違っていたということになってしまったのだ。

そうか、坪井さんの説を覆したのが鳥居龍蔵だったのか。
そんな鳥居さん。
関東大震災で廃墟となった東京の古墳を調べ始めたんだって。建物がなくなったことで、元々の土地の起伏が露呈したから。江戸時代の諸本を集めて調査を開始して、以下の場所が古墳ではないかと述べているそうな。

・浅草 待乳山聖天
・浅草 浅草寺内の弁天堂
・東浅草の駿馬塚
・将門塚
・台東区橋場の妙亀塚
・墨田区本所牛島の業平塚
・墨田区の梅若塚
・葛飾区青砥の御殿山
・葛飾区立石の南蔵院裏

今回は浅草の待乳山聖天と、浅草寺内の弁天堂に行ってみることにするよー。
というわけで、次回に続く^^

あ、次回からは面倒な話はないです。
散策したときの写真メインですww



良い天気。ママチャリで隅田川沿いを走るのでした^^


nice!(71)  コメント(44) 
共通テーマ:アート

隅田川花火大会当日の浅草 [お江戸サンポ]

7月29日。
この日は 19 時から隅田川花火大会です。浅草界隈は混雑するだろうから、まだ人が居ない早朝に散策してきました。朝 5 時半。家から隅田川沿いに出ると、もうシートで場所取りが行われてる(笑)

IMG_1875.JPG

人が居ないシートは撤去しますって看板に書いてあったよー。
でも此処で夜まで待ってたら熱中症になりそうだよね^^;

この日は相方クンは午後から仕事。私はミラーレスは扱えないので夜の花火の写真はナシ。そんなわけで、花火大会当日・早朝の隅田公園を紹介しますーww

公園の中に入るとカラーコーンがいっぱい。この辺りの野球場は市民協賛席で、招待券を持っている人たち専用の場所みたいです。



確かに此処は良い席だ(笑)
第1会場の花火が真ん前で見られる場所だよ。



隅田川花火大会は、第1会場と第2会場があって、第2会場はさらに南下した浅草駅あたりなのだ。ちなみにうちの近所の公園から見られるのは第1会場の花火です。

hanabi.jpg

屋台もたくさん用意されていたよ。
行きに見かけたときは、まだ仕舞われていたけど、帰りに見たときは準備を始めようとしてる感じでした。



浅草寺に行く前に、いつもの「明るい農村」でおむすびを買う^^
朝 6 時ですでに OPEN しててくれるのは有り難い。まだ作ってる最中だったので種類は少なかったけど、出来たてほかほかのおむすびが買えました♪



いつもの場所で、いただきますー!



食べながら境内の鐘の音を聞いたよ。6 時の鐘の音。



花火大会があるから?
なんとなくいつもより屋台も多く感じるのは気のせいだろうか(笑)



清々しい境内でくつろいで、さあ家に帰ろう!



再び隅田公園へ。いつもならまっすぐ行ける道も行き止まりになっていて、迷路みたいになってました(笑)
公園内にもシートが敷かれて場所取りがされてるよ。上半身裸で日焼けをしながら場所取りしてる人も居ましたww 熱中症に気をつけてねー



うちの前の公園。このあたりはもう地元の人とその知り合いしか来ない場所。
誰も場所取りはしてません ^m^
昼間は子供たちが駆け回ってる場所だからねw



16 時過ぎ、ベランダから見たらまだ場所取りはされてなかったけど、18 時を過ぎた頃から、この界隈の人たちがシートを敷き始めてました。私は歩きながら花火を見る予定。

IMG_8087.JPG

夜。外に出たらネットが繋がりづらくなった! ポケGO が立ち上がらないww
いつもよりも多くの人が公園に集まってるってことね ^ω^; ワハハ
近所のスーパーも人で溢れていて、買い物は昼間のうちにしておけば良かったと後悔したのでした。


*** おまけ ***

信号待ちのときに、スマホでちょっとだけパチリ^^

IMG_8109.JPG

ちなみにこの日のスカイツリーの色は、特別色の「不死鳥」だったそうな。

skytree.jpg
https://www.tokyo-skytree.jp/enjoy/lighting/


nice!(70)  コメント(31) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 お江戸サンポ ブログトップ