SSブログ

『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』に行きました [アート]

金曜日。招待券を貰ったので、国立新美術館で開催している『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』に行ってきました。

どんなもんでしょ?

この世界は全く知らないのですが・・・(笑)
だいたい、バレエ・リュスって何だ?って思ったら、フランス語で「ロシア・バレエ団」を意味するんだとか。

20世紀。それまでのクラシックバレエとは違って、肉体美と躍動感が素晴らしい男性に似合う動きやすいコスチュームや、既存の音楽ではなく演目に合わせた新しい音楽を作ったりなど、若手アーティストを取り込んだ前衛的な作品を生み出した集団なのね。

なかなか面白い

解散してしまったバレエ・リュスの関連資料や衣装を購入したオーストラリア国立美術館。この展覧会は約40年かけて修復されたコスチュームが、国外で初めてまとまって観られる展覧会なんだって。

ステキです

会場に入ると、演目ごとに衣装が展示されていて、会場全体がきらびやかな雰囲気に包まれていました。黒一色の室内に、衣装の華やかな色が映える〜〜(@o@*

すてきだわーー

キャプションには、その演目のあらすじが簡単に説明されていて、読んでいるとそのバレエが観たくなっちゃったーー。

デ・キリコも舞台衣装を考えた一人だったんだとは知らなかったです。
バレエ・リュスの世界・・・なんだかシルク・ド・ソレイユの世界に似てるんだなーって思いました。ある意味エンターテイメント!?(笑)

ポスターもいいね

衣装もね、「あ、こんなチュニックがあったら着たいな」っていうのも多くて、観ていて楽しかったです。招待券、まだ1枚残っているので興味のある人がいたらお譲りしますよ〜(^^)

-----------
『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』
国立新美術館
2014年6月18日(水)~9月1日(月)
毎週火曜日休館 ただし、8月12日(火)は開館

10:00~18:00
金曜日、8月16日(土)、23日(土)、30日(土)は20:00まで
http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/

nice!(64)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート